忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

新給食センター候補地 浜市地区の農地選定

 2022年01月13日 
 赤穂市は、現施設の老朽化に伴い2025年9月までの移転建替を計画している学校給食センターの建設候補地として浜市地区の市街化調整区域を選定。用地取得へ向けて地権者との交渉を進めている。

 センターによると、候補地は現施設の南西約200メートルに位置し、現況は農地。幹線道路からの進入路用地を含めて約6930平方メートルの取得を見込む。▽幹線道路に近接しており、各学校園に均等な配送が可能▽計画規模の施設が配置可能な敷地面積が確保できるーなどの理由で、複数あった選択肢の中から「最も立地条件に適している」として選んだ。

 すでに昨年10月に地元自治会や地権者への説明会を開き、現在は「地権者との合意形成を図っている段階」だという。合意が得られれば来年度に地質調査と測量、必要な手続きを行った上で2023年度中に売買契約を結ぶ予定だ。

 地元説明会では、交通安全や臭気の対策、周辺農地への用水確保などについて要望があったという。市は「子どもたちに将来にわたって安全で安心な学校給食を提供するための施設。建設に理解と協力が得られるよう、地元や地権者と丁寧に協議を進めていきたい」と話している。
<前の記事


関連サイト:
【関連記事】新給食センターの基本構想まとまる(2021年04月17日)
[ 坂越地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂管内居住の新規陽性53人(1月26日)←医療逼迫(01/26)
  • 【読者の声】第6波の中、新年会は無責任では←う〜ん(01/26)
  • 【読者の声】第6波の中、新年会は無責任では←赤穂民報(01/26)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合