忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

新給食センターの基本構想まとまる

 2021年04月17日 
 施設の老朽化による移転建て替えが検討されている学校給食センターについて、赤穂市は整備の基本構想を公表した。
 今後取得する用地に鉄骨造一部2階建て(延床面積2900平方メートル)の施設を新築する計画。2025年9月の稼働開始を目指し、今年度中に基本計画を策定する。
 基本構想の概要によると、新センターは現在と同じく市内幼小中と県立特別支援学校の計26校園を対象とし、最大調理食数は1日5000食。新たにアレルギー対応調理室、非常用発電装置、見学スペースを設ける。敷地面積は「5000平方メートル以上」と見込む。
 施設整備と運営の手法については、設計施工を一括発注した上で市が直営する方式を優先的に考えるとしながらも、今年度に実施する「民間活力等導入可能性調査」の結果によっては、設計・建設から運営・維持管理までまとめて民間に任せる「業務一括発注方式」も視野に入れるという。
 市は、市内の準工業地域または市街化調整区域を対象に今年度から用地交渉に着手。「候補地は複数ある」(同センター)といい、「2023年度中に用地を取得し、できれば造成まで済ませたい」との考えだ。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年4月17日号(2413号) 1面 (5,268,667byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

新給食センターで、高齢者やひとり親世帯、誰でも賄えるような施設を赤穂市で作って欲しい。同じ釜の飯を食べて、市の繁栄になれば。

3  0

投稿:食は大事です。いつもありがとう 2021年04月18日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院の経営形態「現行が適当」検討委報告←とりあえず(01/25)
  • 赤穂管内居住26人が新規陽性(1月24日)←市民(01/25)
  • 【読者の声】第6波の中、新年会は無責任では←もやもや(01/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合