忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「生活に美術を」鳥井廣夫さん個展

 2022年01月12日 
個展に向けてアトリエで作品を整理する鳥井廣夫さん
 「くらしと美」を信条に長年創作活動に取り組んできた赤穂美術協会顧問の鳥井廣夫さん(86)=坂越=が中広の赤穂市立図書館で1月14日(金)から個展を開く。60年以上にわたる創作で生み出した絵画や陶芸など約80点を展示する。

 高校時代から絵画に熱中した鳥井さんは20歳のころ姫路や神戸のデッサン教室に入門。赤穂高校の美術教師で洋画家としても活躍した西川美沙夫氏のすすめで美術協会にも入会し、家業の酒・たばこ・食料品店を営むかたわら絵を描くことがライフワークとなった。市美術展で市長賞を3度受賞し、2008年から2年間、美術協会の会長を務めた。日展作家の坂本昭三に師事し、美を探求する意欲は今なお衰えない。

 今展では風景や静物をモチーフにした小品から地元の神社や街並みを描いた80号の「河勝の杜」「酒蔵」まで30点以上を出品予定。70歳ごろから始めた陶芸作品、自宅近くの海岸で拾い集めた流木など漂着物を材料に制作したオブジェも展示する。

 「生活の中に美術のある心豊かな人生を送りたいと心がけ、生きがいとして創作に取り組んできた」と鳥井さん。「ひとりよがりの作品ですが、見てもらえればありがたい」と話している。

 1月16日(日)まで1階ギャラリーで午前10時〜午後6時(16日は4時まで)。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民体育祭2022…ソフトテニス(ジュニアの部)←赤穂民報(08/10)
  • 市民体育祭2022…ソフトテニス(ジュニアの部)←匿名(08/10)
  • 市民体育祭2022…ソフトテニス(ジュニアの部)←赤穂民報(08/09)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合