忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア街ネタ
  3. 記事詳細

路傍の掲示板に善意の書 続けて30年 男性の思い

 2024年01月01日 
 高野の田端(たなばた)地区の市道沿いに人生訓や警句などを月替わりで張り出す掲示板が立っている。こうした掲示板は寺院のそばで見かけることが多いが、この掲示板の近くに寺はない。誰が掲出しているのか。言葉の主に話を聞いた。

善意の掲示板を書き続けて30年になる鎌田正彰さん


 掲示板を管理しているのは近くに住む鎌田正彰さん(78)。1994年から月1〜2回ずつ張り紙を掲出し、今年で丸30年になるという。元は兵庫県警の警察官。仕事柄、事故や事件に接することが多い中、「一つでも不幸な出来事をなくすための呼び掛けになれば」と当時習っていた書道を活かして交通安全や防犯にまつわる標語やメッセージを書き、集落から国道へ出る途中の路傍に張り出すようになった。

 はじめは木を材料に自分で組み立てた「お粗末な看板」に張り出していたが、4〜5年経ったころ、鉄工所に勤めていた近所の男性が「もっとええの作ったる」といってひさしの付いたカーボン製の掲示板を無償で新調してくれた。

 半分に切った模造紙に、たっぷりと墨をふくませた筆を走らせる。行間の目安に鉛筆で引いた線はあるものの、下書きなしで一気に書き上げる。題材は標語以外にも金言や名言などさまざま。新聞や雑誌で読んで感銘を受けた言葉があれば書き留めておく。

 春と夏、秋、年末の年4回ある交通安全運動期間には必ず交通安全の標語を書く。鎌田さんは39歳のとき、妻の好子さんを不慮の交通事故で亡くした。また、自身も2年前、日課としている通学路の見守り活動へ向かう途中、信号無視の車に横断歩道ではねられて重傷を負った。今も足に痛みが残り、交通安全に人一倍強い思いを持っている。

 妻に先立たれた後、ひとり親で5人の子を育てた。孫の数は合計12人を数える。「子や孫だけでなく、誰もが幸せに暮らせる安全で明るい世の中であってほしい」。そうした思いを筆に込め、今年も言葉をしたためる。

善意の掲示板を書き続けて30年になる鎌田正彰さん



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年1月1日号・第1部(2535号) 1面 (8,948,666byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 刷毛の跡までリアルに 埴輪ミニチュア←もりいくすお(07/20)
  • 消防操法大会 第6分団が西播大会V←疑問(07/19)
  • 木津でトウモロコシのもぎ取り直売会 ヒマワリの無料持ち帰りも←赤穂民報(07/18)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警