忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ボランティア
  3. 記事詳細

石川で災害支援活動 赤穂高校定時制生徒らも奮闘

 2024年05月31日 
 赤穂市と相生市の社会福祉協議会が募集した災害ボランティア20人が、能登半島地震で被災した石川県七尾市で活動。一行に参加した赤穂高校定時制の生徒4人が活動を通して感じたことを語った。

 災害ボランティア活動に参加したのは、3年生の長尾隼斗さん(17)=南宮町=ら4人。テレビで被災地の様子を見て、「自分に出来る人助けはないか」と考えていたところ、学校玄関に掲出された募集ポスターを目にし、仲の良い同級生や後輩にも声を掛けたという。

 先月17日深夜に社協がチャーターしたバスで赤穂を出発。約8時間かけて七尾市に到着した。現地ボランティアセンターの指示で被災家屋の後片付けや家具の運び出し、災害廃棄物仮置き場への運搬に汗を流した。その日の夕方に七尾を後にし、19日未明に赤穂に戻った。

 0泊3日の強行軍。2年の牧村優羽(ゆうわ)さん(16)=塩屋=は「作業量が多くて、ひたすら作業に集中しました」と足が筋肉痛になるほど頑張った。被災住民から感謝の言葉を掛けられたという3年の内海条治郎さん(17)=真殿=は「もっと長く活動したかった」と振り返った。

 現地では水道は復旧していたものの水圧が弱く、トイレは頻繁にパイプ詰まりを起こすため、地震から5か月以上経った今も簡易トイレで用を足している世帯が複数あったという。「地震の怖さ、被災生活の大変さに接することができ、自分にとって貴重な体験になりました」と2年の大林士鶴(しずる)さん(17)=上郡町高田台=。「機会があれば、もう一度現地で活動したい」とボランティアの募集情報をチェックしているという。

石川県七尾市で活動した災害ボランティアのみなさん=赤穂市社協提供



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年6月8日号(2555号) 2面 (5,585,538byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警