忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 街ネタ商業・経済
  3. 記事詳細

海浜公園「動物ふれあい村」来月で閉鎖

 2021年10月23日 
11月21日での閉鎖が決まった「動物ふれあい村」
 御崎の赤穂海浜公園内にある「動物ふれあい村」が11月21日(日)で閉鎖されることが運営会社からこのほど発表された。

 1999年の開園以来、施設を運営する「アニマルエスコートサービス」によると、長引く新型コロナ感染拡大の影響や緊急事態宣言の発令で来園者数が減少。書き入れ時のゴールデンウイークは2年連続で臨時休園を余儀なくされた。「大変厳しい運営状況で、老朽化した施設の修繕も困難な現実」だとし、「今後、動物たちの管理や動物福祉に影響が及ぶことを懸念し、施設の閉鎖を決定した」という。

 11月21日の閉鎖まで土日祝のみ午前10時〜午後5時に開園(11月は午後4時まで)。閉鎖後は現在飼育している動物を関連施設へ移し、来年3月までに施設を撤去する。公園管理事務所は「跡地の活用は未定」としている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年10月23日号(2435号) 3面 (8,724,503byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

想い出の
動物ふれあい村
孫たちと訪れました。

13  0

投稿:赤穂市民 2021年10月25日

片田舎の公園で一民間企業が多額の維持費がかかる動物管理は無理がある。
動物とのふれあい体験は子供たちの教育の一環になるので、県や市は余計なところに金を使うのではなくこういうところに補助金を出すべきだ。

63  4

投稿:赤穂市民 2021年10月23日

市がその辺支援してあげてほしい。

55  4

投稿:未来 2021年10月23日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←仲間(12/06)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←赤西(12/05)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←jitoさん(12/05)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合