忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

邉見公雄・市民病院名誉院長に「若月賞」

 2021年08月29日 
栄えある「若月賞」を受賞した邉見公雄氏
 保健・医療・福祉の分野で信念と理念に従い真摯に活動する人を顕彰する「若月賞」を赤穂市民病院名誉院長の邉見公雄氏(77)がこのほど受賞した。

 同賞は、農村医療のあり方を確立した元佐久総合病院長の若月俊一(1910―2006)の功績を記念して設けられ今回で29回目。過去には、在宅医療に尽力して「わらじ医者」と呼ばれた早川一光(1924―2018)、パキスタンで難民支援に尽くした中村哲(1946―2019)などが受賞している。

 邉見氏は赤穂市民病院長、全国自治体病院協議会長などを歴任。2018年には地域医療と介護の持続的な発展を目指すNPO法人を立ち上げ、19年に全国公私病院連盟会長に就任するなど長年にわたり地域医療の実践から国の医療政策への提言まで幅広く取り組んできた。「その実践はまさに若月賞の理念」として表彰された。

 「このような名誉ある賞を私が受賞してもいいものか躊躇したが、地域医療に頑張る者の代表として受賞させていただいた」と邉見氏。7月の授賞式で長野県佐久市を訪れた際、コロナ禍でも熱心に学ぶ若者たちの姿に刺激を受けたといい、「生涯現役を改めて決意した」と誓いを表明した。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年8月28日号(2429号) 1面 (5,770,893byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

邉見先生おめでとうございます。「赤穂の赤ひげ先生」と尊敬しております。市民病院の再建もよろしくお願いします。

4  2

投稿:元患者 2021年08月29日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←仲間(12/06)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←赤西(12/05)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←jitoさん(12/05)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合