忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

築城360年など記念「まるごと赤穂城博」

 2021年08月29日 
9月1日から公開範囲が拡大される赤穂城跡二之丸庭園=市教委提供
 赤穂城の築城360年、国史跡指定50年に合わせ、赤穂市は市制70周年記念「まるごと赤穂城博」を企画。本丸櫓門での企画展で記念入城証を配布するほか、復元整備中の二之丸庭園の公開範囲を拡大。城郭研究者による講演会を開催する。

 いずれも無料。新型コロナウイルス感染拡大や緊急事態宣言の発出などにより中止、変更の場合がある。

 赤穂城は、赤穂藩浅野家初代藩主の浅野長直が築城した海岸平城。赤穂藩の軍学師範だった近藤正純が甲州流軍学に基づいて設計し、寛文元年(1661)に完成した。1971年に国史跡に指定。2006年には「日本100名城」の一つに認定された。

 企画展「赤穂城の歴史と特徴」は9月18日に開幕する。11月までの土日祝日と12月11、12、14日の午前10時〜午後4時に本丸櫓門の階上内部を公開し、発掘調査で出土した遺物と解説パネルを展示。会期中、先着3000人に記念入城証を配布する(1人につき1枚。なくなり次第終了)。

 2002年から復元整備が進められ、現在部分公開されている国名勝の二之丸庭園は9月1日(水)から公開範囲を全体の約8割まで拡大。池泉に浮かぶ島に木橋で渡れるようになるほか、西仕切門をくぐって花見広場に通り抜けが可能になる。9月23日(木・祝)には二之丸門跡周辺で午後2時から発掘調査現地説明会を開く。来年2月ごろには西中門跡周辺の整備現地説明会を予定している。

 講演会は「近世海城研究最前線」をテーマに9月から12月にかけて全3回。いずれも中広の赤穂市文化会館ハーモニーホール2階学習室で午後2時〜4時。9月1日(水)午前9時から市教委文化財係(Tel43・6962、ファクス43・6895、メールbunkazai@ci
ty.ako.lg.jp)で各回先着50人を受け付ける。日程と内容は次のとおり。

 ▽9月18日(土)=「海城としての唐津城〜発掘調査成果から見た唐津城の特徴〜」坂井清春氏(唐津市教育委員会)

 ▽11月20日(土)=「波の上の名城〜瀬戸内海と高松城〜」高上拓氏(高松市埋蔵文化財センター)

 ▽12月12日(日)=「海城の魅力〜城の形態の最高到達点〜」三浦正幸氏(広島大学名誉教授)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年8月28日号(2429号) 1面 (5,770,893byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院のPET−CT 休止後も保守費←ぬぬぬ(10/27)
  • 海浜公園「動物ふれあい村」来月で閉鎖←赤穂市民(10/25)
  • 丸山キャンプ場 今秋にも駐車場有料化へ←兵庫県民(10/24)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合