忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

千種川の水生生物調査 種類数は6年連続減少

 2021年07月09日 
 千種川流域のライオンズクラブ(LC)が同川で昨秋実施した水生生物調査の報告書『千種川の生態 第48集』で、指標生物による水質判定では、3地点で水質が悪化した一方、5地点で改善がみられた。
 1973年から年1回続く調査。昨年8〜9月、宍粟から赤穂まで同川流域5市町の計44地点で延べ284人が参加して行われた。
 採集された水生生物に基づく4階級の水質判定では、13地点が「1」(きれい)、31地点が「2」(少しきたない)と判定。「3」(きたない)や「4」(大変きたない)と判定された地点はなかった。宍粟市と佐用町の計5地点で「2」から「1」に改善。反対に佐用町と上郡町の計3地点で「1」から「2」に悪化した。赤穂市内6地点(有年橋、北畠、高雄、下高野、加里屋川、大津川)はいずれも前回と変わらず「2」と判定された。
 採集された水生生物の個体数は、1地点平均96・2匹(前回76・1匹)で2年連続で増加。一方、種類数では1地点平均6・5種類(同6・8種類)で6年連続で減少した。
 調査に協力した「千種川圏域清流づくり委員会」の横山正さんは「千種川の水質は確かに良くなりつつあるが、豊かさを示す生物多様性は低下し続けている」と考察している。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2021年7月10日号(2424号) 3面 (9,184,263byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

残念です

3  6

投稿:あ 2021年07月10日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警