忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

ワクチン接種券 60〜64歳は6月中発送

 2021年06月23日 
議会で答弁する牟礼正稔市長
 64歳以下の新型コロナウイルスワクチン接種へ向け、赤穂市は23日、今月中に60〜64歳の市民へ接種券を発送する方針を明らかにした。
 集団接種に加えて個別接種を導入し、11月末までに希望者への接種完了を目指すという。
 同日の市議会一般質問で牟礼正稔市長、溝田康人ワクチン接種担当部長が答弁した。
 牟礼氏は答弁で、「59歳以下についても一日も早く接種券を届けられるように準備を進めている。準備が整い次第、市のホームページや広報などで周知を図る」とした。
 希望者への2回接種が完了する時期については、「11月末までを目標とするが、少しでも早く終えられるように取り組む」(溝田氏)としつつ、必要なワクチンが国から供給されるかどうかの懸念にも言及。また、接種会場までの移動が困難な高齢者については「意向調査の結果に基づき、個別の対応を検討していく。希望するすべての人が接種を受けられるように取り組む」と述べた。学校での集団接種は「差別的な扱いが生じる恐れがある。現時点では国が推奨しておらず、慎重に検討していく」(牟礼氏)とした。
 市によれば現在、個別接種を実施できる医療機関を市医師会を通じて取りまとめている段階。個別接種の導入に伴い、医師会が運営を担っている赤穂すこやかセンターの集団接種の規模を縮小する一方、現役世代のニーズが高いと思われる土日の接種枠を設ける方向で検討しているという。65歳以上を対象に今月26日から市が独自に設営する大規模接種会場は「現時点では、64歳以下を対象に設ける予定はない」とした。
 赤穂市のコロナワクチン接種に関する問い合わせ先はコールセンターTel0120・704・707(午前9時〜午後5時)。聴覚に障がいのある人はファクス079・226・2087。
 * * *
 学校での集団接種について追記しました。(2021年6月24日7時40分)
<前の記事
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←かわいそう(12/07)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←仲間(12/06)
  • 念願のマーチングバンド全国大会へ←赤西(12/05)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合