忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

交通事故救護のJR西社員に「のじぎく賞」

 2020年07月14日 
交通事故負傷者を救護した善行で「のじぎく賞」が贈られたJR西日本姫路電気区のみなさん
 交通事故の負傷者を救護したとして、JR西日本の社員5人に兵庫県の「のじぎく賞」が贈られ、14日に加里屋中洲の赤穂警察署で伝達された。
 受賞したのは、同社近畿統括本部姫路電気区信号通信グループの▽橋本茂さん(37)▽筒井隆之さん(34)▽竹重優也さん(30)▽井口翔太さん(30)▽一ノ瀬拓海さん(26)。
 同署によると、5人は先月30日午後5時半ごろ、踏切の保守作業を終えて会社へ戻る途中、赤穂市黒崎町の国道250号交差点で原付バイクと普通自動車の交通事故現場に遭遇。緊急通報するとともに、バイクごと転倒して動けなくなっていた大学生の女性(20)を安全な歩道上へ移動させた。
 救急と警察が到着するまで5人が手分けして救護や交通整理を行ったことで二次被害が発生せず、バイクの女性は腰部打撲の軽傷で済んだという。
 「大きなけがにならなかったと聞いて安心しました」と竹重さん。係長としてグループを束ねる橋本さんは「公共交通に関わる者として、今後も率先して行動したい」と頼もしかった。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2020年8月1日号(2380号) 4面 (8,631,834byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←ゆき(05/27)
  • 赤穂小のPTA改革 任意加入を明確化 学級委員廃止も←ぴきぴき筋太郎(05/27)
  • 《市民病院医療事故多発》被害患者が脳外科医を刑事告訴←赤穂民報(05/27)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警