忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

災害リスク時の行動スイッチに「マイ避難カード」

 2024年04月06日 
 いざという時の迅速な災害避難に役立てようと、上仮屋地区の高齢者クラブ「赤城会」(榊敏会長)が「マイ避難カード」の作成に取り組んだ。

地域の防災力を高めようと「マイ避難カード」の作成に取り組んだ上仮屋地区の高齢者クラブ「赤城会」と関係者のみなさん


 赤穂防災士の会、社会福祉協議会のサポートを受け、在籍する会員42人全員が作成を完了。マイ避難カードについては行政も普及啓発に努める中、団体全員が作成の完了まで実践した例は珍しく、「すばらしい取り組み」(市危機管理担当)と評価している。

 マイ避難カードは、災害の危険が迫るとき「いつ」「どこに」「どのように」避難するかをあらかじめ考えて記しておくもの。自宅の目につきやすい場所に掲示することで防災意識を高める効果が期待される。兵庫県が様式をホームページで公開しており、赤穂市もパソコンやスマホでカードを作成できるネットアプリをPRしたり、防災訓練の参加者にカードを配布するなど取り組みを推進している。

 関係者によれば、元々は上仮屋地区全体の要支援者情報を共有できるマップの作成を目標に昨年5月から話し合いをスタートしたという。しかし、個人情報保護などがネックとなり、代替策としてマイ避難カードの作成に切り替えた。地区を6つに分け、各班長が担当地区内の会員宅を訪問してカードの書き方をアドバイス。本人や家族の同意を得て緊急連絡先も集約した。

 今回は「水害」を想定してカードを作成した。「赤穂防災士の会」の金井貴子会長は「水害は地震と違って発災前に避難行動をとることができる。マイ避難カードを『避難行動のスイッチ』に活用してほしい」。榊会長は「こうした取り組みが老人会以外にも広がれば、災害に強い地域づくりにつながる」と話す。

行政も普及啓発に取り組んでいる「マイ避難カード」のサンプル



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年4月6日号(2547号) 1面 (5,688,762byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 城西地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警