忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会事件・事故
  3. 記事詳細

不正請求などで就労継続支援事業所の運営法人を行政処分

 2024年04月19日 
 障害福祉サービス事業所に必要な職員を配置せず、赤穂市などへ不正に報酬を請求していたとして、兵庫県は19日、塩屋の就労継続支援B型「赤穂元禄村」を運営する一般社団法人日本博雄厚生福祉会の指定を障害者総合支援法に基づき取り消した。

 県によると、同事業所は2022年12月に就労継続支援B型に指定。翌年2月以降、サービス事業管理者が退職して不在だった時期があったにもかかわらず、引き続き在籍しているように記載した虚偽の書類を県に提出し、利用者が居住する赤穂市と宍粟市、上郡町から不正に報酬を受け取った。また、複数の利用者に重要事項説明書を交付していなかったり、書類の記録にも不備があったという。

 同法人は、端布から手工芸品を作る仕事を利用者に提供していた。県の聞き取りに対し、「退職したサービス事業管理者の後任が見つからなかった。(手続きや書類の不備は)忙しかった」などと弁明したという。現時点で利用者はなかったため、発表同日付けで指定を取り消した。不正に得た報酬は計約30万6000円で、各市町が4割の加算金を加えて返還を求める。
<前の記事


コメント

民報のほうが詳しいじゃないか!
市民さんはなんか民報のことを攻撃したかったんかな。

7  2

投稿:サブロー 2024年04月20日

この赤穂元禄村は処分時点ですでに休業状態だった(それゆえ即日指定取り消しができた)
どう対応も何も現状営業してない訳ですから報酬返還以外ない訳ですよ
市民氏はその読んだとされる記事と民報の記事を比較しておかしいと思わなかったんですかね

8  0

投稿:太郎 2024年04月20日

このコメント欄を読んで、すぐに各紙記事をチェックしましたが、どの新聞も処分事実しか書いてないです。
神戸新聞の記事に、神河町の施設の処分のことが書かれていて、そこには「現在は適正配置されており、利用者は継続利用できるという。」と現在の対応が書いてます。
先に投稿された方はそれを赤穂の施設のことと誤解されたのではないかと。

7  0

投稿:新聞愛読者 2024年04月20日

「市民」さん
 「新聞記事には、いまどう対応しているかが書かれてている。」とのことですが、どちらの新聞でしょうか。他の施設への処分の記事と勘違いされてませんか?

4  7

投稿:赤穂民報 2024年04月20日

この記事、必要あるのかい?
新聞記事には、いまどう対応しているかが書かれてている。
翻って、この広告紙には、違法なことだけしか書かれていない。
事実なんだけど、新聞記事と比較してしまうとこの程度なんだよな、民報は。

7  17

投稿:市民 2024年04月19日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警