忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

米の作付意向 2年連続で増加傾向

 2020年06月03日 
 近畿農政局は2020年産の主食用米と戦略作物の作付け意向を取りまとめた中間的取組状況(4月末現在)をこのほど発表した。赤穂市は、主食用米は昨年に続いて「増加傾向」となった。
 戦略作物では、WCS用稲、米粉用米が「増加傾向」で、加工用米、飼料用米、麦、大豆はいずれも「減少傾向」となった。
 兵庫県下41市町で主食用米が「増加傾向」になったのは赤穂市を含めて3市町。「横ばい」が9市町で、「減少傾向」は29市町だった。兵庫県全体では3万5300ヘクタールで「横ばい」となった。
 赤穂市の作付動向は次のとおり。かっこ内は前年実績(単位はヘクタール)。
 ▽主食用米=増加傾向(397)
 ▽加工用米=減少傾向(14)
 ▽飼料用米=減少傾向(50)
 ▽WCS用稲=増加傾向(19)
 ▽米粉用米=増加傾向(ー)
 ▽麦=減少傾向(30)
 ▽大豆=減少傾向(18)
<前の記事


コメント

減反の割り当てがなくなって、専業の農家が手を広げやすくなったのでは。

0  0

投稿:米人 2020年06月04日

昔程、米を食さなくなってるのに主食米が増えてる…?
何故かな?高齢化し耕作委託が増えているからかな?

0  0

投稿:何故かな? 2020年06月03日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←不衛生とは?(12/01)
  • 来春ブレザー制服に変更 西播学区で初←保護者(11/30)
  • 犯罪抑止へ年末特別警戒 赤穂署で発隊式←ねろ(11/30)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合