忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

字幕付き「市民能」9月24日開催

 2016年07月02日 
能「葵上」の一場面=財団提供
 日本の伝統芸能の魅力を市民に伝えようと赤穂市文化とみどり財団が主催する「第1回赤穂市民能」は9月24日(土)、中広の赤穂市文化会館ハーモニーホールで開催される。
 演目は源氏物語を題材にした人気曲「葵上」。能楽師による見どころ解説、上演中の字幕表示もあり、初心者にも鑑賞しやすい舞台になりそうだ。
 源氏の愛人だった六条御息所(観世流シテ方・大西智久)が怨霊となり、正室の葵上に打ちかかる物語。恐ろしい鬼の姿になって襲いかかる怨霊を聖者(福王流ワキ方・江崎正左衛門)が祈り伏せて成仏させるまでを描く。
 2年前に現役の太鼓方では唯一の人間国宝に認定された金春流太鼓方、三島元太郎さんも囃子方の一人として出演。三島さんの妻が赤穂出身ということもあり、本公演のタイトルに「人間国宝認定記念」の冠を付けた。当日は能の上演に先立ち、三島さんが「高砂」を打ち、舞台上インタビューも行われる。
 本公演は平成17年以降5回開催された「赤穂大石神社薪能」を継承し、同財団が市民有志の実行委員会と協力して主催。同財団は「能の鑑賞は難しいというイメージがありますが、少しでも多くの市民のみなさんに触れていただこうと、今回は解説や字幕など分かりやすい内容にしました。日本の伝統芸能である能を、気軽にご体験ください」と鑑賞を呼び掛けている。
 小ホールで午後2時開演。入場券は全席指定で一般4000円、中学生以下1000円。7月4日(月)から同会館窓口、赤穂民報などで発売する。Tel43・5111。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2016年7月2日(2191号) 1面 (14,341,589byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
出典明示のない統計データ、他者の発言などを含む場合は表示できない場合があります。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「グーグルマップ写真を無料で撮影」その狙いは…←ラッキー(10/22)
  • パレード、露店は中止 規模縮小で義士祭 ←50代トラックドライバー(10/22)
  • パレード、露店は中止 規模縮小で義士祭 ←てんてん(10/21)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合