忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

地元産綿花100%の緞通第1号

 2015年12月05日 
地元産100%の「アコウコットン」で織り上げた赤穂緞通
 地元産綿花100%の「アコウコットン」で織り上げた赤穂緞通の第1号がこのほど完成。12月6日(日)に古浜町の塩屋公民館で展示される。
 製作した緞通作家の根来節子さん(64)=古浜町=は「地産地消の赤穂緞通を作りたいという願いが叶いました。少しずつ活動を広げていきたい」と喜びを語った。
 「栽培から製糸、染色まで多くの方のご協力がなければ実現できませんでした」と根来さんが語るとおり、プロジェクトには多くの人が関わった。綿花の栽培は尾崎の平野孝二さん(72)と新田の山本孝征さん(74)の農家2人が協力。主旨に賛同した大阪府阪南市の大正紡績が特別に糸に加工した。糸染めは朝日町の染色研究家、小田中久良子さん(82)が監修。栗の渋皮、ヤシャブシの実、マリーゴールドの花びらを原料に茶色、ねずみ色、橙色などに染色した。
 出来上がった作品は約95センチ×約65センチの玄関マット。用意できた染糸の量で最大限可能な大きさに製作した。直線が交差する図柄を「千切文」と呼ばれるチェーンのような縁で囲んだ文様。「人と人との交わりやつながりから生まれる絆」(根来さん)をイメージしたという。
 現在は今季の綿花収穫の真っ最中で、根来さんは「今後もっと収量を増やして、栽培や製作など各工程が仕事として成り立つようになればと思っています」と希望をふくらませている。
 作品は根来さんが子どもを対象に開いた「綿作り体験」の発表会場で午前10時〜午後4時に展示。子どもたちが綿を材料に作ったクラフト約30点、根来さんが製作した一畳敷きの新作緞通2点も並べる。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2015年12月5日(2164号) 1面 (16,296,235byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 過去最大規模の263・1億円 赤穂市2024年度当初予算案←服部武雄(02/21)
  • 綿栽培通して「人間サイズのまちづくり」兵庫県から奨励賞←赤穂民報(02/19)
  • 全日本社会人ボクシング準優勝 高野の尾上海斗さん←近藤 卓(02/19)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警