忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史ボランティア
  3. 記事詳細

内蔵助ゆかりのハゼでろうそく

 2014年11月22日 
大石内蔵助ゆかりのハゼの木の実からろうそく、盆栽、工芸絵画を作った沼田義明さん
 大石内蔵助良雄(1659−1703)が手植えたと伝わる尾崎・赤穂八幡宮境内のハゼの木の実を原料に、観光ボランティアガイドの沼田義明さん(75)=平成町=が手作りろうそくを作製。「内蔵助ゆかりの歴史遺産であるハゼの木に関心をもってもらえるきっかけになれば」と種子を活用した盆栽と工芸絵画とともに同神社へ奉納する。
 ハゼの木は拝殿に向かって右側の境内にあり、高さ約5メートル。古木だが夏には青々とした葉を茂らせ、秋には紅葉が美しい。幹のそばに建つ石碑に刻まれた文によると、延宝元年(1673)に父祖が内蔵助の元服を祝って芸州から取り寄せたハゼ苗数十本のうちの一本で、最初に植えられた尾崎川(現千種川)堤防の改築に伴って大正11年に有志が神社境内へ移植したという。
 60歳で定年退職するまで電機メーカーでランプ作りに携わり、現在は播州赤穂観光ガイド協会に所属する沼田さん。今年2月、同神社で観光客にハゼの木の由緒を説明していた際、その実がろうそくの原料になることをふと思い出した。中村良廣宮司の了解を取り、地面に落ちたハゼの実約2・3キロを拾い集めた。
 ハゼの実は大きさ1センチ足らずの楕円形。沼田さんは一つ一つ根気よく皮をむき、ろう質を取り出して大鍋で煮沸。自分で設計図を書いて作った圧搾機で絞ると、ベージュ色のろうがトロリと流れ出し、約200グラムを抽出できた。節切りしたクロチクを型に棒ろうそく(長さ10センチ前後、直径約1・5センチ)5本、ペットボトルのキャップを容器とした卓上ろうそく6個などを完成させた。残った種も捨てずに取っておき、内蔵助の句をイメージした工芸絵画を制作。一部は鉢で発芽させて盆栽に仕立てた。
 赤穂義士とハゼにちなんだ逸話としては、討ち入り後に義士17人を預かった細川藩が内蔵助の勧めでハゼの栽培を始めて藩財政の一助としたとの伝承や、大石主税はじめ10人が預けられた松山藩に播州赤穂の住人がハゼの木を送って感謝の気持ちを表したという話が伝えられている。
 「八幡さんのハゼの木は、内蔵助が直接関わった貴重な史跡で、歴史ロマンを感じる。実は毎年なるので、これからも活用方法を考えるつもり」と沼田さん。中村宮司は「とてもありがたい試み。神社としても大切に木を守っていきたい」と話し、奉納された品を義士祭の12月14日(日)まで社務所で展示する。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2014年11月22日(2112号) 1面 (12,122,450byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 降雪で鉄道、道路に影響 高取峠は25日午前9時45分に規制解除←赤穂市民(01/27)
  • 姫路から赤穂まで8時間半 JR遅延 乗客が体験談←鉄腕(01/26)
  • 姫路から赤穂まで8時間半 JR遅延 乗客が体験談←もんもん(01/26)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合