忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

日本遺産認定祝い北前船の絵馬奉納

 2024年04月06日 
 日本遺産「荒波を越えた男たちの夢が紡いだ異空間〜北前船寄港地・船主集落」の認定を祝い、坂越の大避神社に北前船を描いた絵馬が奉納された。

北前船寄港地の日本遺産認定を祝って船絵馬を奉納した小賀徹さん=中央=。左は絵師の舟丘恵凡さん


 白波のたつ海原を進む北前船を描いた構図。赤穂出身の医学博士で川崎医科大学呼吸器内科学主任教授の小賀徹さん(54)=京都市北区=が願主となり、相生市入野の絵師、舟丘恵凡さん(73)が描いた。

 かつて北前船寄港地として栄えた坂越湾を眼下に見下ろす同神社には廻船業者が航海安全を祈願して奉納した船絵馬が複数あり、いずれも2018年に日本遺産の構成文化財に認定。最も古いものでは明和6年(1769)の年号が確認され、「船絵馬では国内で2番目に古い」(生浪島堯宮司)という。

 小賀さんは子どもの頃、父・紀明さん(84)の実家がある坂越に帰省する度に同神社の境内でビー玉などをして遊んでいたといい、「愛着のある神社と坂越が日本遺産認定を機に発展することを願います」と思いを語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年4月6日号(2547号) 1面 (5,688,762byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警