忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

新路線の運行開始控え、バスの乗り方教室

 2024年03月22日 
 市内循環バス「ゆらのすけ」の新路線「尾崎・御崎ルート」が4月から運行を開始するのを前に、尾崎公民館と御崎公民館で19日、バスの乗り方教室があり、地域住民計約110人が参加した。

市内循環バス「ゆらのすけ」の新路線「尾崎・御崎ルート」の運行開始を前に行われたバスの乗り方教室


 地域住民の要望を受けて導入が決定した新路線は御崎駐在所ー赤穂車庫間を走る片道約11キロ区間で毎週火・木・土に1日4・5往復する。停留所20か所のうち新たにバス停が設置される地点が6か所ある。

 教室の参加者には、これまでバスを利用したことがないという住民も複数みられ、時刻表の見方や運賃の支払い方法、安全な乗り降りなどについてバスを運行するウイング神姫の職員の説明に耳を傾け、実際の車両で降車ボタンなどを確かめた。

 月に1回は新赤穂大橋を渡って買い物に出掛けるという尾崎の門野喜美子さん(92)は「新しい路線ができてうれしい。ありがたく利用したい」と喜び、ウイング神姫の福本良一業務課長(59)は「せっかく新設した路線なので、みなさんの利用で維持していただけるよう、日常のお出掛けにできるだけバスを組み込んでほしい」と乗車促進をアピールした。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年3月23日号(2545号) 1面 (5,668,270byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 尾崎御崎地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←赤穂民報(07/13)
  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←30代男性(07/13)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警