忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

赤穂港に初の自衛艦 一般公開に1000人超

 2023年12月11日 
  海上自衛隊の掃海艇「つのしま」の一般公開が10日、加里屋の赤穂港千鳥岸壁であり、1040人が見学した。

赤穂港で行われた掃海艇「つのしま」の一般公開


 つのしま(全長54メートル、排水量510トン)は2000年に「すがしま型」掃海艇の3番艇として就役。機雷を捜索、処分するための探知機や情報処理装置などを搭載している。磁気を感じて爆発する磁気機雷から艇を守れるよう、木製の船体とアルミ合金などを使用したエンジンで建造されている。

 自衛隊によると、赤穂港に自衛隊の船舶が入港したのは初めて。一般公開には開始前から大勢の見学希望者が列を作り、船を操縦する艦橋や乗員が休息する居住室、甲板にある20ミリ機関砲などを見学した。

 つのしまは阪神基地(神戸市東灘区)を母港とし、大阪湾と紀伊水道などの警戒監視や爆発性危険物の処理などの任務に従事しているほか、2011年の東日本大震災では救援物資の輸送や行方不明者の捜索にも当たった。

 艇長の須々木宏介3等海佐(34)は「護衛艦や潜水艦だけでなく、任務や役割をもった船があることを知ってもらえれば」と気さくに艦内を案内。将来の仕事として海上自衛隊への入隊を志望しているという姫路市緑台の中学1年、福井摩耶さん(12)は「装置がいっぱいあって難しそう」と説明に耳を傾けた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年12月16日号(2534号) 3面 (7,670,683byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←赤い穂(03/01)
  • 走って焼き牡蠣 赤穂かきリレーマラソンに440人←かきまつりは(02/27)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←がんばってください。(02/26)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警