忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

赤穂青年会議所 12月末で解散 60年の歴史に幕

 2023年12月02日 
 創立から今年で60周年を迎えた赤穂青年会議所(JC)が、会員の減少などを理由に12月末で解散することを決定した。

 JCは「明るい豊かな社会の実現」を目指して20〜40歳の会員で活動する社会奉仕団体。赤穂JCは1964年に全国で279番目の青年会議所として発足し、塩屋の高山に「赤」の字をかたどったイルミネーションを設置したほか、青少年育成を目的とした千種川いかだ下り、ウオーキング大会「てくてく赤穂」などを主催。創作踊り「でえしょん」、赤穂城跡の「天守閣イルミネーション」といった各種事業も展開した。

 ピーク時には50人近い会員が在籍したが、近年は減少。今年度は4人となり、10月の臨時総会で今年いっぱいで解散することを決めた。林雄一朗理事長(40)は「さまざまな策を講じてきたが、万策尽き苦渋の選択となった。これまでご支援いただいた皆様に感謝を申しあげたい」としている。



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年12月2日号(2532号) 1面 (8,761,761byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←赤い穂(03/01)
  • 走って焼き牡蠣 赤穂かきリレーマラソンに440人←かきまつりは(02/27)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←がんばってください。(02/26)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警