忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

一畳敷から小品まで 師弟5人の赤穂緞通展

 2023年11月17日 
 坂越の「くつろぎの縁側 優・優」で赤穂緞通の作品展「つなぐ つなげる 伝統技術」が17日から始まった。新田で弥生工房を開く根来節子さん(72)=古浜町=の師弟展。新作や手入れした古緞通の一畳敷をはじめ小品、アクセサリーなど計80点以上を鑑賞できる。入場無料。

根来節子さんと弟子たちの作品が並ぶ作品展「つなぐ つなげる 伝統技術」


 根来さんは赤穂市教委が1991年から開いた赤穂緞通織り方技法講習会の1期生。地元で栽培した綿花から紡いだ糸を草木染めして使用する製法にこだわり、日本伝統工芸近畿展で入選するなど作家としての実績を重ねつつ、後継者の育成にも力を注いでいる。

 今展では根来さんと、一番弟子で独立して御崎に工房を構える阪上梨恵さん(40)、入門2年目の廣津真由さん(27)、そして緞通製作に取り組み始めた弟子2人の計5人の作品が並ぶ。

 根来さんの「牡丹」は自宅に咲いた花のスケッチをモチーフにした気品漂うオリジナル作品。阪上さんの「変わり雷文」は迷路のような文様を藍染めの綿糸でクールに織り上げた。廣津さんは9か月かけて完成させた自身初の一畳敷「唐花」を出品している。

 額装や掛け軸に仕立てた作品のほか、緞通製作の余り糸を活用したブローチ、イヤリングなども。ミニ織機で緞通織り体験もできる。根来さんは「赤穂緞通を若い人につないでいくのが自分の使命と思ってやってきた取り組みの一つの集大成。赤穂緞通の良さを身近に感じてもらえればうれしい」と話している。

 11月26日(日)まで午前9時〜午後4時(22日は休み)。展示品は一部非売品を除いて購入可。TEL090・8936・6558(根来さん)。



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年11月18日号(2530号) 1面 (6,042,595byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警