忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

復元塩田を背景に濱鋤き唄

 2023年11月12日 
 地元特産の塩をテーマにしたイベント「第3回赤穂塩まつり〜お塩に感謝デーす」が11日、御崎の市立海洋科学館・塩の国であり、「赤穂濱鋤き唄保存会」が出演。塩田作業を再現した踊りを唄に乗せて披露した。

復元塩田施設がある「塩の国」で唄と踊りを披露した「赤穂濱鋤き唄保存会」


 濱鋤き唄は塩田で働く男衆らが歌った作業唄。市教委の調査研究では、遅くとも江戸時代中頃から、赤穂塩田の従事者らによって唄い続けられてきたものと判断でき、「貴重な文化遺産」として2007年に市無形民俗文化財に指定された。保存会では濱鋤き唄を民謡風にアレンジして尺八と三味線の伴奏を加え、塩田作業を再現した「作業踊り」を演じ、文化の伝承に取り組んでいる。

 この日は、国内最大級の復元塩田施設がある「塩の国」で会員8人が出演。入浜式塩田や塩水を煮詰める釜屋などを背景に、塩作りの道具を手にゆったりとした踊りを披露した。萬代新一郎会長(81)=尾崎=は「塩田が営まれていた時代を思い起こしてもらえたのでは。今後も伝承に努めたい」と話した。

 赤穂塩まつりは、まちの産業や文化の礎となった塩への感謝と関心を深めようと、市民有志の実行委員会が企画。塩にまつわる講話やクイズ大会、ゲームなどを催し、にぎわった。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警