忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 子供
  3. 記事詳細

子どもたちが乗馬や餌やり体験=赤穂西小

 2023年10月25日 
 鷏和の赤穂西小学校(中元宜美校長、54人)で、児童が馬と触れ合う「ホースセラピー体験」があり、全校児童が乗馬や餌やりを楽しんだ。

子どもたちが乗馬などを楽しんだホースセラピー体験


 岡山県和気町で「ハッピーホースファーム」を運営する中広の香山かつ子さん(55)が21歳のポニー「ハッピー」など5頭を連れて来校。児童たちは香山さんから、馬の背後に立たないことや大きな音を立てないことなど接するときの注意点を教わった。ヘルメットを着用して順番に一人ずつ踏み台から馬の背にまたがり、運動場をポクポク周回。幼少連携の取組として赤穂西幼稚園の園児も招き、馬に好物のニンジンを与えるなどして触れ合った。

 馬は動物の中でも情緒水準が高いといわれ、触れ合った人のストレス軽減や自己肯定感を高める効果があるとされる。香山さんはファームで飼育している11頭を「セラピスト」と呼び、来園者と触れ合える機会を提供している。

 初めて馬に乗った5年生の西田文奈(あやな)さんは「揺れて少し怖かったけど、楽しかった」。香山さんは「正しい知識を身につけて、これからも馬との触れ合いを楽しんでもらえれば」と話した。

 * * *

 乗馬の感想を話した児童の学年を誤って記載していましたので訂正しました。確認が不足していました。おわびします。(2023年10月26日8時35分)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2024年2月17日号(2541号) 4面 (9,992,233byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 西部地区 ]  [ 子供 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警