忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

電動カートの下敷きになった半身麻痺の女性助けた「地獄に仏」

 2023年12月13日 
 「倒れていた私を助けてくれた親切な女性にお礼を伝えたいのです」と赤穂民報に電話したきたのは中広の70代女性Kさん。Kさんの話では、今月8日午前11時ごろ、中広の「東沖」交差点の北東側で電動カートごと転倒したという。

 Kさんは左半身に麻痺があるため自力での歩行が困難。昨年9月に赤穂に転居してきて以降は出掛けることは少なく、「ほぼ、ひきこもりの状態」だという。この日は珍しく自分で買い物に行ってみたくなり、自宅から海浜大橋を渡った約3キロ先にある量販店を目指し、勇気を出して電動カートに乗り込んだ。

 十分に安全に気をつけて運転していたつもりだったが、注意を向けていた車道とは逆側に脱輪。30センチほど低い歩道脇に横転してしまった。重さ50キロはあろうかという電動カートの下敷きになり、ほぼ身動きが取れない状態。車道からは死角になる位置で、「このまま見つけてもらえないのでは」と不安な気持ちで押し潰されそうになったという。

 そこに、たまたま通りがかった女性が「大丈夫?」と駆け寄ってくれた。女性は「痛いとこないか?」などと声をかけながらKさんを救助。けががないことを確認すると、「見とったげるから、気ぃつけて行き」と見届けてくれた。

 「本当に親切な方でした。地獄に仏とはこのことかと」とKさん。その後、目的の店舗にたどり着き、暖かそうな冬物の上着とズボンなどを購入できた。「あの方に助けてもらわなかったら、買い物をあきらめて家に戻り、そのままひきこもりに戻っていたと思います。あの方のおかげで、最悪の一日になるところが、とても幸せな日になりました。本当にありがとうございました」



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年12月16日号(2534号) 3面 (7,670,683byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

同じ所か分かりませんが、子供が自転車で信号を渡ってそのまま落ちていたと言う話も聞いた事があります。
あそこ辺りは危ないです
ご無事でよかったです。

4  0

投稿:はるん 2023年12月16日

いい話ですね。助け合い素敵です。優しい方が増えるといいですね。

19  0

投稿:晴 2023年12月14日

イイ話だな

41  0

投稿:△ 2023年12月13日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←散歩好き(05/21)
  • 花岳寺通商店街恒例「土曜夜店」 6月8日に開幕←ぽん(05/20)
  • 「パリへの挑戦」CFで支援呼び掛け←なすび(05/16)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警