忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 街ネタ
  3. 記事詳細

赤穂駅南ロータリーにイルミ設置 義士祭前夜と当夜に点灯

 2023年12月08日 
 加里屋のJR播州赤穂駅南ロータリーで7日、赤穂高校と赤穂特別支援学校の生徒会役員計16人が植栽にイルミネーションを取り付け、試験点灯を行った。赤穂義士祭の前日と当日に点灯し、まちに彩りを添える。

試験点灯されたJR播州赤穂駅南ロータリーのイルミネーション


 「義士祭に合わせて街を華やかにしたい」と両校が地域貢献活動として合同で企画した。この日は赤穂高校の全日制12人と赤穂特別支援学校の4人が約2時間作業。大石内蔵助像の周辺で植栽や芝生の上に赤、緑など3色の電球コードを配線した。

 12日までに赤穂高校定時制の生徒らが「義士祭」の文字をかたどったイルミネーション看板も設置する予定。使用するLED電球の総数は約3万個に上るという。定時制2年の森本瞳稀(とうき)さん(16)は「出来上がりを見るのが楽しみ」と話し、全日制2年の平川倫子(りんこ)さん(17)は「2日だけの点灯ですが、一生懸命作業しました。見る人の気持ちを癒やす明かりになれば」と思いを込めた。

 イルミネーションは13日と14日の午後5時から10時ごろまで点灯される。

イルミネーションパネルを制作する赤穂高校定時制のみなさん


LED電球コードを配線する赤穂高校全日制のみなさん



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年12月9日号(2533号) 1面 (5,177,726byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

懐かしい
義士祭
ふるさとの 12月14日

1  0

投稿:潮風遊子 2023年12月11日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←赤い穂(03/01)
  • 走って焼き牡蠣 赤穂かきリレーマラソンに440人←かきまつりは(02/27)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←がんばってください。(02/26)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警