忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

消防団活動継続した学生を認証 赤穂市が10月から制度

 2023年09月27日 
 学生の力を地域防災に役立てようと、赤穂市は消防団員として活動した学生に就職活動などで活用できる証明書を交付する「学生消防団活動認証制度」を10月から導入する。

学生消防団活動認証制度の手続きの流れ=総務省消防庁ホームページより


 消防団員の不足が全国的に課題になっている中、消防庁が各自治体に導入を推奨している制度。学生にとっては、消防団員として地域に貢献してきた実績をアピールでき、企業にとっても団体行動や規律、災害対応能力を身につけた人材を確保しやすくなるメリットがあるとされる。市によると、西播磨では姫路市に次いで2自治体目という。

 在学中に赤穂市消防団で1年以上継続的に活動するなどした18歳以上(卒業後3年以内)を対象に消防団長の推薦を受けて功績を審査。活動が真摯かつ継続的であると認められれば、赤穂市長から「認証状」と企業提出用の証明書が交付される。

 市消防本部によると、今年度に関西福祉大学3年生の女性2人が入団。団本部付きの「消防団女性部」の一員として救命講習の補助や高齢者宅の火災予防訪問活動などに従事しているという。本人が希望すれば市内各地区に設置されている分団で活動することも可能で、「認証制度をPRして、一人でも多くの入団につなげたい」と話している。

 入団に関する問い合わせは市消防本部TEL43・6881(消防団担当)。
<前の記事
[ 社会 ]


コメント

兵庫県下でも、機構改革している消防団はいくつかありますね。赤穂もそろそろやらないと立ち遅れてしまいますよ。

4  1

投稿:OB 2 2023年09月29日

入団者が少ない中、大学生の登用はいいことだと思います。
また、団の抜本的機構改革(分団定員数、分団管轄、女性団員の分団配属ななど)を、行わないと先細りするでしょう。
経験者や外部識者を交えて、検討会を設けるのは如何でしょうか。見通しの悪い組織になっているのではないでしょうか?

5  2

投稿:活性化 OB 2023年09月29日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • ワクチンCC不正疑惑 「作業実態ない事務局」賃料請求か←まる(04/20)
  • ワクチンCC不正疑惑 「作業実態ない事務局」賃料請求か←納税者(04/20)
  • 不正請求などで就労継続支援事業所の運営法人を行政処分←太郎(04/20)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警