忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会子供ボランティア
  3. 記事詳細

広がる「子ども食堂」市の補助で有志が運営

 2023年07月29日 
 子どもたちに無料や安価で食事と居場所を提供する「子ども食堂」の取り組みが赤穂市内で広まっている。今年度に御崎・尾崎地区と塩屋地区で新たに開設して計3か所になった。

 いずれもボランティアの市民有志が市の補助を受けて運営。食事と体験プログラムをセットにしたり、料理教室を兼ねた内容にしたりするなど、それぞれ特色もみられ、「地域の子どもを地域で育てよう」という思いが活動を支えている。

竹筒でできた水鉄砲で遊んだ「こども食堂ぱずる」の参加者


 朝日町の貸しスペースでは5月から毎月第1土曜日昼に「こども食堂ぱずる」が開かれている。代表の松本敬子さんと友人らが国産食材にこだわって調理した食事を50円で提供(要予約。大人は300円)。今月のメニューは具材たっぷりの冷やしそうめんと唐揚げ、デザートなどで、食後は夫の一郎さんが竹筒で工作した水鉄砲で遊んだ。「食事だけでなく、いろいろな体験の場も提供したい」と、今後も楽器演奏や手話体験などのプログラムを用意する予定だ。

子どもの料理教室も兼ねる「しおや子ども食堂『おかえり』


 塩屋公民館では今月から「しおや子ども食堂『おかえり』」がスタート。初回の8日には約20人が来場し、カレーライスをほおばった。子どもの料理教室も兼ね、調理には大人たちに混じって小学生3人が参加。にんじんの皮をむいたり、玉ねぎを切るなど手伝った。代表の笠原喜代子さん(71)=平成町=は「始めるまでは自分たちで出来るかどうか不安でしたが、これから試行錯誤しながら続けていきたい」。子ども無料、大人300円で今後も毎月第2土曜日の昼に実施する。

 赤穂市は「子どもの居場所づくり事業」として今年度、実施団体への補助制度を拡充。例えば、子ども食堂を月2回以上開く団体に20万円(月1回以上は10万円)を補助する。4月には先行事例を紹介するワークショップを開き、松本さん夫妻や笠原さんも参加した。

 ワークショップに講師として参加した「あこう子ども食堂」の岩崎由美子さん(58)=中浜町=は「私自身、子どもたちと一緒にカレー食べたら楽しそうやからやってみよか、という気持ちで始めた。あまり難しく考えず、自分のやりたいことを出来る範囲でやればいいと思う」と背中を押し、「子どもが歩いて行ける距離に居場所があるという状況になれば望ましい」と話す。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年7月29日号(2516号) 1面 (15,118,983byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 女人義士行列、御塩道中など「春の義士祭」14日開催←ジェンダーレス希望(04/13)
  • 病院事業管理者 給料5%カットへ←赤穂市民(04/13)
  • 病院事業管理者 給料5%カットへ←いつまで(04/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警