忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

移住の若者2人が栽培 桃とブドウ出荷へ

 2023年07月15日 
 「赤穂からおいしいフルーツを消費者に届けたい」と市外から移住した若者2人が栽培する大津の果樹園「赤穂フルーツ農園」で、3年前に木を植えた桃とブドウが実をつけた。初めての本格的な収穫期を迎え、出荷作業に励んでいる。

本格的な出荷に向けて桃の収穫に励む小川敬生さん(左)と榊原昂輝さん


 約1ヘクタールの農地にネットで囲んだハウスが並ぶ。「あかつき」「川中島白桃」「清水白桃」など8種類の桃計約340本と「藤稔」「シャインマスカット」など5種類のブドウ計約100本が植わっている。早生種の桃の木にはすでにピンクに色づいた果実が実り、近づくと甘い香りが漂う。

 栽培しているのは神戸市出身の小川敬生(としお)さん(30)と加古川市出身の榊原昂輝(こうき)さん(30)。2人は兵庫県立農業大学校の同期だ。卒業後、一旦は肥料メーカーや農機具販売会社に就職したが、子どもの頃から興味があった農業にチャレンジしたいと脱サラ。いくつかの候補地の中から赤穂を選び、2019年の秋に移住した。

 一戸建ての空き家を借りて共同生活しながら休耕地を約1ヘクタールを耕した。新規就農者向けの補助金制度を活用し、栽培に必要なハウスは支出を抑えるため自分たちの手で建てた。一本ずつ願いを込めて植えた果樹の幼木は酷暑に負けず順調に生長。ようやく出荷の目途が立った。

 「農地を貸してくれた方をはじめ、多くの方の協力のおかげで、ようやくここまで来れました」と小川さん。榊原さんは「将来的に大津で家を構えて、農業専業で家族を養いたいと思っています」と赤穂の地に根を下ろして農業に取り組むつもりだ。

 早生種から順に桃は今月中旬から9月初旬まで、ブドウは8月20日ごろから1か月ほど収穫し、今季の出荷量は合計約2トンを見込む。果樹が根を伸ばす範囲を絞る「根域制限栽培」を採用しているため降雨の影響を受けにくく、安定した糖度の果実を出荷できるという。すでに市内のジェラート店に材料として卸す契約が成立し、今後もケーキ店や飲食店などにセールスすることも検討している。

 「量より質にこだわりたい。しっかり選別して良いものをお客さんに届けられるように頑張るので、ぜひ一度食べてみてください」。桃は「旬彩蔵赤穂」(元町、TEL43・5150)で中玉(4玉入り)820円、大玉(3玉入り)930円で好評販売中。7月22日(土)には午前9時から2人で店頭直売(試食あり)する。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年7月15日号(2515号) 1面 (6,098,584byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメント

もも 硬くても甘く美味しい😆
いくらでも食べたくなる
ありがとう😆💕✨

1  0

投稿:のり 2023年08月03日

この桃、食べ応えがあって、甘くてとても美味しく感動しました(*^^*)♫

2  1

投稿:こや 2023年07月31日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)
  • 《市民病院医療事故多発》脳外科医2人を書類送検 業務上過失傷害容疑 病院は過失否定←匿名希望(06/12)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警