忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. イベント
  3. 記事詳細

感じるありのままを筆に「心書」展

 2023年06月24日 
 心で感じるありのままの感情を筆を通じて自由に表現した「心書(しんしょ)」の作品展が東有年はりま台のギャラリー喫茶「ほっとたいむ」で開かれている。

「心書を通して人と人をつむぎたい」と生き生きと語る中村千穂さん


 作者は耳が聞こえない中村千穂さん(57)=尾崎=。かわいいお地蔵さんのイラストにメッセージを添えた色紙や、「心」「生」といった一字をしたためたうちわなど思いの込もった作品約100点が並ぶ。

 中村さんは3歳のとき、高熱を下げるために注射した抗生物質ストレプトマイシンの副作用で徐々に聴力が弱まり、小学校低学年までにほぼ失聴した。2年前、岡山であったマルシェイベントで目にした心書家・大塚恵さんの作品に感銘を受け、大塚さんが開くワークショップで心書を体験。心にある気持ちを文字する過程で、自分の抑えていた気持ちが解放されていくのを実感したという。国語教師で厳格だった父の手ほどきで幼児期から書を習った中村さんだったが、「書が楽しい」と思ったのは初めてだった。

 元々「聞こえる人と聞こえない人の橋渡しをしていきたい」と願って手話講師や手話パフォーマーとして活動していた中村さん。「心書ワークショップなら、聞こえる人と聞こえない人が同じ場所で一緒に笑い、一緒に語り合える」と思った。一般社団法人心書協会のインストラクター養成講座を受講し、昨年5月に資格を取得。手話を交えて心書のすばらしさを伝える中村さんのワークショップは人気で、現在は自宅だけでなく明石でも講座を開いている。

 一昨年の3月、約30年間勤務した企業を早期退職した。コロナ禍で誰もがマスクを着用するようになって相手の口の動きが読み取れず、パーテーションで囲まれたスペースで黙々と業務をこなす息苦しさに耐えられなくなったという。年齢的に元気なうちに「自分にしかできないことにチャレンジしたい」と決意して会社を辞めた直後に心書に出会った。

 「今思えば、コロナがあったから新しい一歩を踏み出せたのかな」と中村さん。ワークショップを受講した生徒から「手話も教えてほしい」と言われることもあるという。「心書を通して、より多くの人たちとつむぎ、つむがれたい」。

 作品展「心書〜心で感じるありのままの書〜」は7月12日(水)まで午前8時〜午後4時(第2・4月曜は正午まで)。一部作品は販売あり。6月25日、7月2日、3日、9日は休み。TEL49・2992。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年6月24日号(2512号) 1面 (7,638,260byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←赤穂民報(07/13)
  • 水道水のPFAS検査 市内すべての水源地に拡充←30代男性(07/13)
  • 海水浴場 15日から丸山と唐船でオープン←潮風遊子(07/07)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警