忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

義士娘が一日交通安全大使「思いやりとやさしい心で」

 2023年05月09日 
 春の全国交通安全運動出発式が9日、中広のイオン赤穂店駐車場であり、第36代赤穂義士娘の宮地真子(まこ)さん(23)が「一日交通安全大使」として買い物客らに交通安全を呼び掛けた。

「一日交通安全大使」として事故防止を呼び掛けた赤穂義士娘の宮地真子さん


 「一日交通安全大使」のたすきをかけて登壇した宮地さんは「道路を横断するときはしっかり左右の確認を。横断歩道は歩行者優先。自転車に乗るときはヘルメットをかぶりましょう」と呼び掛け、「思いやりとやさしい心で一つでも多くの交通事故をなくしていきましょう」とメッセージを朗読した。

 出発式は、運動が11日から始まるのを前に赤穂市と警察などが実施した。赤穂署地域課の小嶋隆之巡査部長(33)が署員を代表して「存在感のあるパトロールと悪質危険なドライバーの取り締まりを強化して、全力で悲惨な交通事故の抑止を図ります」と決意表明。兵庫県警察音楽隊が童謡や歌謡曲の演奏に合わせて「昨日のお酒残ってない? 飲酒運転マジあかん」「ヘルメットかぶってや〜」などと交通安全をアピールしながら観客を楽しませ、赤穂交通安全自家用自動車協会の会員らが啓発ちらしとグッズを配布した。

 自動車運転免許を取得するため教習所へ通っているという宮地さんは、近く路上教習がスタートするといい、「私自身、しっかりと安全運転を心掛けていきたいです」と笑顔で抱負を話した。

 春の全国交通安全運動は5月20日(土)まで。赤穂署管内では広報啓発活動や交通指導員による見守り活動を強化し、交通事故防止の徹底を図る。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年5月13日号(2506号) 4面 (8,504,697byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←Y(02/24)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←役所(02/24)
  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←赤穂にいる事が心配(02/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警