忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会スポーツ
  3. 記事詳細

市民総合体育館の愛称「品川リフラ」に

 2023年03月27日 
 耐火物メーカー大手の品川リフラクトリーズは、赤穂市民総合体育館のネーミングライツ・パートナー契約を赤穂市と締結。体育館の愛称を「品川リフラ赤穂市民総合体育館」と命名した。

ネーミングライツ・パートナー契約締結式で愛称「品川リフラ赤穂市民総合体育館」を披露した藤原弘之社長(右)


 市は昨年10月から11月にかけて同体育館のネーミングライツ・パートナーを公募。同社が年額150万円で応募して決定した。契約期間は今年4月1日から4年間。

 同社によると、中広の赤穂工場と備前市内2工場を合わせて社員のおよそ3分の1にあたる約400人が勤務。赤穂義士祭には協賛企業として長年パレードに参加するなど、地域との結びつきを重視している。

 市役所で行われた締結式で藤原弘之社長は「地域との絆をより深め、市民のみなさんに当社への関心を持ってもらえれば」と語った。

 赤穂市の施設でネーミングライツ・パートナーが決定したのは、赤穂の天塩海浜スポーツセンター、赤穂化成ハーモニーホール、赤穂トラストホープ球場に続いて4施設目。

 * * *

 ネーミングライツ・パートナー契約の期間を「5年間」と記載していましたが、正しくは4年間でした。記事作成時に誤りがありました。訂正の上、おわびします。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年4月1日号(2502号) 3面 (9,714,363byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 城南緑地のコクチョウ死ぬ←ゆき(05/27)
  • 赤穂小のPTA改革 任意加入を明確化 学級委員廃止も←ぴきぴき筋太郎(05/27)
  • 《市民病院医療事故多発》被害患者が脳外科医を刑事告訴←赤穂民報(05/27)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警