忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会子供ボランティア
  3. 記事詳細

尾崎小を核に地域づくり 文科大臣表彰

 2023年03月10日 
 学校運営の改善・強化と学校を核とした地域づくりに多大な貢献があったとして、尾崎小学校学校運営協議会と尾崎地区まちづくり連絡協議会に文部科学大臣から表彰状が贈られた。

コミュニティ・スクールと地域学校協同活動の一体的実施を称える文部科学大臣表彰を受けた尾崎小学校の関係者のみなさん


 コミュニティ・スクールと地域学校協同活動の一体的実施を称えるもので、赤穂市内では2018年に表彰された赤穂西小学校コミュニティ・スクールに続いて2例目。

 尾崎小では18年に学校運営協議会を設置。土曜日を授業日として「尾崎のことを学ぶ日」として教育課程に位置付け、地域人材を講師に地域学習やウオークラリーを行っている。また、地域の各種団体に呼び掛けて運動場の側溝に堆積した土砂を除去したり、民有地をアフタースクールの駐車場に活用するなど、学校運営の改善を支援してきた。

 表彰にあたり、同校の中林晴之校長は「子どもたちが顔を知っている地域のみなさんが支えてくれて安心感がある」と感謝。学校運営協議会の目木敏明会長は「これからもコミュニケーションの輪を広げて、より活発な活動を」と抱負を述べ、ウオークラリーを企画する尾崎地区まちづくり連絡協議会の浜野好正会長は「行事に参加した児童たちの感想文を読むと、さらにやる気が出る。『尾崎の子どもは、尾崎で育てる』という意識を地域に広げたい」と語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年3月11日号(2499号) 1面 (6,989,680byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←Y(02/24)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←役所(02/24)
  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←赤穂にいる事が心配(02/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警