忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

広重から近現代まで「華」版画展

 2023年02月17日 
 江戸時代から近現代までの著名な版画家たちが花をモチーフに手掛けた作品を集めた春季企画展「版画 華 展」が尾崎の私設美術館「たでのはな美術館」で開かれている。

片岡球子のリトグラフ「牡丹」


 歌川広重の「牡丹花」、葛飾北斎の「朝顔に雨蛙」といった浮世絵をはじめ、京都を中心に大衆版画を制作した徳力富吉郎の「菊花」、棟方志功の「彼岸花の柵」など19人の計38点。文化勲章を受章した片岡球子、モノトーンを基本に植物を題材にした作品が多い日本板画院名誉会員の井上勝江、その弟子で歌手としても活躍したジュディ・オングなど女性作家や赤穂生まれの小畑勉など多彩な作品が展示されている。

 館主の佐野正幸さん(82)は「花という身近なものを題材に、それぞれの作家がつくりあげた作品の違いや時代を感じてもらえれば」と話す。

 3月28日(火)まで午前10時〜午後4時。水曜休館。入館料200円(小学生以下無料)。TEL090・3496・4282。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年2月18日号(2496号) 4面 (13,257,809byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警