忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. ペット
  3. 記事詳細

コラム【人とまちと猫の調和を目指して】(4)孫のランドセルと猫の不妊去勢手術はどちらも大切

 2023年02月18日 
 まだまだ寒い日が続きますが、春はもうすぐ。そして子猫の繁殖シーズン到来です!

多頭飼育崩壊した猫たちは決して幸せとは言えない環境に置かれてしまう


 お家で飼っている猫、中外飼いしている猫、お外で餌をあげている野良猫、などなど、不妊去勢手術はお済みですか? 赤穂市でも、飼い猫も野良猫も不妊去勢手術が当たり前!という時代が早く来て欲しいです。

 去年のことですが、私たちの会とhappiness ohanaさんとで開催している「保護猫の里親会」に来られて、1匹の猫の里親さんになっていただいた方から、「猫が逃げてしまった!」と連絡がありました。「不妊手術はしてくれてますよね?」「それが孫にランドセル買ってあげたりして手術費用がなくて・・・」「えー!!未手術の猫を逃がしたんですか? 繁殖したらご近所に迷惑ですよ!」とお伝えしましたが、ボランティアは何の権限も無いため、不妊手術を促すのが精一杯です。幸い今回は設置した捕獲器で、逃げた猫ちゃんを数日で捕獲することができたのですが、それっきり戻ってこない行方不明猫もたくさんいるようです。たとえ戻ってこなくても不妊去勢手術をしていれば繁殖を防ぐことはできるので、近隣への被害も最低限ですみます。

 どうか飼い主さんは、猫を外に出さないつもりでも不妊去勢手術をしてください。それが多頭飼育崩壊を防ぐためにも最も重要なことなのです。赤穂市内でも数か所、多頭飼育崩壊しているお宅があるようです。閑静な住宅街の中にも存在しています。きっと最初は1匹、2匹だったのでしょう。ちょっと外に出た瞬間に妊娠して、子猫を産んで、それがあっという間に30匹、40匹・・・に。こうなってからでは遅いのです。

 お孫さんにランドセルをプレゼントする前に、まずは猫の不妊去勢手術をお忘れなく。

 そして、子猫の繁殖シーズンを前に一番お伝えしたいこと、それは「保護団体はすでにどこもキャパ限界」ということです。子猫を助けたい、という気持ちがあるならどうかあなたがその子猫を保護してあげてください。飼えない事情があるなら里親探しをしてください。私たちの里親会に参加してくださっても結構です。どうしても保護ボランティアさんに依頼したい場合は、保護費用の負担など“自分にできること”を伝えたうえで相談してみてください。

 皆さんも、桜の咲く頃、近所の野良猫が子猫を産んで繁殖する前に、不妊去勢手術をしてください。赤穂市の助成金制度もあります。当会もお手伝いさせていただきます。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年2月18日号(2496号) 4面 (13,257,809byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 走って焼き牡蠣 赤穂かきリレーマラソンに440人←かきまつりは(02/27)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←がんばってください。(02/26)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←あまーい世界(02/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警