忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

「若いうちに本物の芸術を」中学生を劇場に招待

 2023年06月20日 
 演劇の面白さを実感してもらおうと、兵庫県立ピッコロ劇団が中学生を劇場に招待する「ピッコロわくわくステージ」が中広の赤穂化成ハーモニーホールでこのほどあり、赤穂市内中学校の全生徒約1100人が舞台を鑑賞した。

演出家による舞台解説もあった「ピッコロわくわくステージ」


 ピッコロわくわくステージは演劇鑑賞を通じて生徒たちの豊かな心を育もうと2010年度に始まった事業で、赤穂市では初開催。大ホールで「森のなかの海賊船〜こそあどの森の物語〜」(岡田淳原作)を上演した。

 100年前に海賊が隠した宝を探そうとする登場人物たちによる物語。海賊船に見立ててステージ上に組まれた楕円形の舞台装置は演出効果によって登場人物の家や劇中劇のステージに変化し、生徒たちはスピーディーな場面転換の中繰り広げられる歌ありダンスありの躍動感あふれる音楽劇に見入った。

 終演後には、演出を担当した平井久美子さんが演出の工夫やねらいを解説したほか、衣裳や照明、音響など裏方スタッフの役割を紹介した。赤穂中3年の荒嶽美琴(あらたけ・みこと)さん(14)は「演劇がどのように作られているのか知ることができて興味がわきました」。事業を誘致した赤穂市文化とみどり財団の藤池俊理事長(76)は「なるべく早い年代に本物の芸術に触れることが感性を磨くことにつながる。これからも機会を提供できれば」と話した。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 刷毛の跡までリアルに 埴輪ミニチュア←もりいくすお(07/20)
  • 消防操法大会 第6分団が西播大会V←疑問(07/19)
  • 木津でトウモロコシのもぎ取り直売会 ヒマワリの無料持ち帰りも←赤穂民報(07/18)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警