忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「テロ行為でガス爆発」市役所で対応訓練

 2023年02月15日 
 テロ行為によるガス爆発を想定した特殊災害対応訓練が加里屋の赤穂市役所で15日にあり、消防や警察、病院関係者など55人が参加。ガス検知や負傷者救護などの手順を確かめた。

負傷者に見立てたダミー人形を救出する消防隊員


 市役所1階で不審な人物が引き起こしたとみられる爆発で火災が発生した、との想定で酸素ボンベを背負った消防隊員らが検知機で庁舎内のガス濃度を検知。傷病者役の市職員やダミー人形を救出して重傷度や治療緊急度に応じて振り分け、庁舎東側の市民広場に設置した救護テントで応急処置を施した。

 2013年には宝塚市役所で男が火炎瓶で放火し、職員と来庁者6人が負傷した事件もあった。訓練を企画した市消防本部は「いつどこで何が起きてもおかしくない世情となっている。市民の安全・安心を確保するために対応能力の向上、関係機関との連携強化を図りたい」としている。

テロによるガス爆発を想定した特殊災害訓練


救出した負傷者の搬送先を振り分ける指揮本部



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年2月18日号(2496号) 2面 (13,257,809byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 赤穂地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←Y(02/24)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←役所(02/24)
  • 下水道使用料 2009年度以来の値上げへ改定率協議←赤穂にいる事が心配(02/24)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警