忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

地元産イチゴや柑橘「赤穂スイーツ」3季目

 2023年02月01日 
 地元産のイチゴや柑橘類を使った「赤穂スイーツ」の発表会がこのほどあり、市内の洋菓子店やカフェなど15店舗が計40品を披露した。

地元産のイチゴや柑橘類を使った多彩なメニューが披露された「赤穂スイーツ」の発表会=赤穂市提供


 少雨で日照時間が長く、糖度と味にすぐれた果物の栽培に適した土地柄を活かそうと、市内のフルーツ農家と各店舗が2020年度から共同で商品開発に取り組み3シーズン目。今季もパフェやジェラート、ロールケーキなど多彩なメニューが揃った。

 新規参加はカフェ3店舗。朝日町の「グランペール」が提供する「苺のワッフル」(1600円)は焼きたてのアメリカンワッフルに生クリームとイチゴソース、旬のイチゴを1パック分乗せた松井良雄店長(39)自慢の一皿。

 板屋町の「ル・フレ」はミカン、オレンジ、グレープフルーツをたっぷり盛り付けた「赤穂みかんと柑橘のパフェ」(1400円)。「自家栽培した甘夏をぎゅっと絞った果汁100%ゼリーの美味しさを味わってほしい」と藤本正オーナー(57)。

 御崎の「アマミテラス」は「苺パフェ」(1400円)と「みかんの泡」(500円)の2品で、いずれも色鮮やか。キッチン担当の萩原佑紀さん(24)は「店から見える御崎の海をバックにして素敵な写真を撮ってもらえるように」と見た目にもこだわった。

 取り組みを後押しする一般社団法人あこう魅力発信基地は、特設サイトやインスタグラムで参加店とメニューを紹介。リーフレットも発行し、JR播州赤穂駅2階の観光案内所や参加店などで配布する。

「赤穂スイーツ」の発表会で地元産のイチゴや柑橘類を使った多彩なメニューを披露した参加店とフルーツ農家のみなさん=赤穂市提供



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年2月4日号(2494号) 1面 (5,509,724byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←お金は天下の回り物(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警