忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

「二十歳のつどい」若者たちの節目祝福

 2023年01月08日 
 赤穂市の「二十歳のつどい」が8日、中広の赤穂化成ハーモニーホールであり、節目を祝う式典に晴れ着やスーツ姿の若者たちが参加した。

節目と再会を喜び記念写真を撮る「二十歳のつどい」の参加者


 実行委員会を代表して末井薫さん(赤穂中出身)が「自分の行動に責任を持ち、大人の一員として常に前向きに歩んでいきたい」と誓いを述べ、野中海さん(坂越中出身)は「感謝の気持ちを思いやりの心に変えて、このまちと人にお返ししていきます」と抱負を語った。

 会場では久しぶりに顔を合わせた同級生と写真を撮ったり、連絡先を交換したりする様子が多くみられた。加里屋中洲の大学生、石井あゆみさん(19)は「中学を卒業してから初めて会った子もいて、新鮮でした」と再会を喜んだ。

 昨年4月に成人年齢が18歳に引き下げられたことに伴い、昨年まで「成人祝賀式」だった行事の名称を変更。市によると、2002年4月2日からの1年間に生まれた世代を対象に開催を通知し、499人中391人が出席した。

今年から改称して行われた「二十歳のつどい」


式典で祝辞に耳を傾ける「二十歳のつどい」の参加者






節目と再会を喜び記念写真を撮る「二十歳のつどい」の参加者



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年1月14日号(2491号) 1面 (4,785,029byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合