忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

全国伝統的工芸品展で赤穂緞通作家2人入選

 2023年01月01日 
 2022年度全国伝統的工芸品公募展で、赤穂緞通作家の見並なおこさん(46)=上郡町高山=と宮本理絵さん(41)=片浜町=が入選した。ともに初出品で、うれしい入選となった。

 見並さんの入選作「新赤穂手織り絨毯 花結文」(縦100センチ、幅80センチ)は赤穂緞通の織りの技術にペルシャ絨毯やトルコ絨毯の技法を組み合わせた独自の製法で織り上げた品。15歳で赤穂市教育委員会の織方技法講習会を受講して織り手の道へ入った長年のキャリアから生み出された、他に類のないオリジナル性が評価された。

見並なおこさん作「新赤穂手織り絨毯 花結文」


 ベテラン作家の柳田緑さん(74)=坂越=に弟子入りして5年目の宮本さんは「毘沙門亀甲」を織った一枚(縦54センチ、横79センチ)で入選。伝統的な日本の文様でありながら赤穂緞通では見ることのなかった文様を浅葱色と水色、白茶の3色で織り上げた。

宮本理絵さん作「毘沙門亀甲」


 「憧れの公募展だったので入選できてうれしい。次回も私だけにしか織れないオリジナルを追求したもので挑戦したい」と見並さん。宮本さんは春には新築の自宅に工房を構えて独立する予定で、「もっと技術の向上に努めて、一枚一枚丁寧に製作していきたい」と意欲を話した。

 同公募展は、伝統的技術・技法に現代生活の中で使われるための新しいアイデアや表現を取り入れた市場性のある作品を公募して製品開拓につなげる主旨で一般社団法人伝統的工芸品産業振興会が主催。47回目となる今回は全国から211点の応募があり、101点が入選した。関係者によると、赤穂緞通の入選は第42回の根来節子さん=古浜町=以来5年ぶり。

 2人の作品は同展の優秀作品展(1月4〜12日、東京都港区赤坂・伝統工芸青山スクエア)で展示される。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年1月1日号・第1部(2489号) 1面 (8,959,117byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 走って焼き牡蠣 赤穂かきリレーマラソンに440人←かきまつりは(02/27)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←がんばってください。(02/26)
  • 市民病院の経営形態「変更の可能性ある」副市長が言及←あまーい世界(02/25)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警