忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

市民病院の今年度上半期収支 4・6億円の黒字

 2022年12月17日 
 外部有識者委員会の提言を受けて経営改善に取り組んでいる赤穂市民病院が今年度上半期の経営状況をまとめた。9月末時点の収支差額は約4億6250万円の黒字で、今年度の収支改善目標額3億5500万円を上回っているという。

 16日にあった市議会の市民病院経営改善調査特別委員会(釣昭彦委員長)で示された資料によると、今年度上半期(4月〜9月)の診療単価は2020年度と比べ、入院が3651円増の5万9563円、外来が2074円増の1万5966円といずれも増加。さらに、新型コロナウイルス感染症対応に伴う休床・空床補償で約3億2000万円の補助金収入が見込まれ、収支のプラスは今年度の目標額を超える状況となっている。

 しかし、9月の単月では入院、外来とも患者数が減少。病院によると「10月も同様」だという。また、今年10月からコロナ休床・空床補償の要件が厳しくなり、下半期の補助金額が減少する可能性が高く、年度末の時点で収支改善目標を達成できるかどうかは不透明だ。

 病院は今後の対応方針として、より積極的な救急患者の受け入れや看護補助加算の維持確保、常勤医確保に向けた大学や県への働き掛けなどを挙げている。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2023年1月1日号・第2部(2490号) 1面 (5,892,639byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

10年以上前から赤字だと批判されていましたからね。
公共事業は本来ちょっと赤字でちょうどいいはずなのですが。
ちょっと黒字ということは批判が怖いのでしょう。

0  0

投稿:赤穂人 2022年12月19日

黒字というのは全て現金であるのではないし、通期で見る必要があると思います。国からのイレギュラーな補償があってのことなので安心できる状況ではないのではないかと。

15  1

投稿:赤穂から 2022年12月18日

その黒字分で不足しているであろう医師の補填や医療従事者の給料のベースアップにに影響させて欲しいです。切に願います。

8  15

投稿:赤穂君 2022年12月17日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←ちょっと待って(01/30)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←赤穂の主婦(01/29)
  • 雪の国道で立ち往生 親切な父娘がくれた焼きそばパン←疑問(01/29)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合