忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

海浜公園のあり方部会「環境保全と民間活力導入」検討

 2022年11月25日 
 兵庫県が赤穂海浜公園の整備のあり方について地元住民や自治体などの意見を聞く検討会部会(部会長=赤澤宏樹・兵庫県立大学教授)の初会合が21日、同公園オートキャンプ場会議室であり、「自然環境保全」と「民間を活用した活性化」を主な検討項目とすることで合意した。

赤穂海浜公園の整備のあり方について話し合った検討会部会


 部会は大学教授、自治会長、漁協役員など10人で構成。初会合では「来園者の年代や性別などを把握した上で話し合いたい」といった要望や「自然環境保全と活性化を対立軸にあるものとせず、両方で公園の価値を高める方向で議論していきたい」との意見が出された。

 次回(12月23日)に事務局から公園管理運営ルールの素案を示し、来年2月までに最終報告案を取りまとめる予定。県はそのルールに基づき、民間活力を活用したパークマネジメントの導入を目指す。

 県は今年1月から2月、明石公園など県立都市公園の整備に関して民間事業者から意見や提案を求める「事業可能性調査(サウンディング調査)」を実施。赤穂海浜公園に対し10団体から事業提案があり、園内湖を活用したSUPやカヤック、空き用地を利用した海産物マルシェやバーベキュー場の整備などのアイデアが寄せられたという。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年11月26日号(2485号) 1面 (5,000,894byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 御崎地区 ]  [ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)
  • 関福大リレーコラム・心のふるさと、播州赤穂←懐かしい!(11/21)
  • けが猫救護した人に通りがかりの女性が2000円を渡した理由←尾のM(11/06)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合