忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

市民文化祭の生花展「高齢化で最後」

 2022年10月08日 
 赤穂市華道連盟が主管する赤穂市民文化祭生花展が8日に中広の赤穂化成ハーモニーホールで始まった。同連盟は会員の高齢化を理由に「市民文化祭への参加は今年度で最後」としており、「一人でも多くの方に来場してほしい」と呼び掛けている。

赤穂市民文化祭では今回で最後となる生花展


 同連盟は1961年に発足。近年は会員が減少し、60年以上続けて来たJR播州赤穂駅での生け花ボランティアも先月10日をもって終了した。

 今展には5社中33人が計約40点を出品。竹やコスモス、カサブランカなどさまざまな花材を使った多彩な作品が並ぶ。伝統的な型に則った作品、自由に個性を表現した作品など各流派の特性を観賞できる。

 同連盟の萩原茂洲代表(84)=木生谷=は「どの社中も気持ちを込めて生けた作品なので、じっくりとみてほしい」と話した。

 9日(日)まで1階展示室で午前9時〜午後5時(9日は4時まで)。入場無料。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 赤穂市議会 26日と27日に一般質問←赤穂市民(06/21)
  • コンセル・ヌーボ第40回定期演奏会 16日にハーモニーH←出席者(06/17)
  • 下水道使用料 平均18・4%の値上げ答申へ 検討委が大筋合意←市鳥(06/13)

各種お申込み

以下より各お申込み、資料請求フォームにリンクしています。ご活用下さい。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 花岳寺 兵庫県警