忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

《市民病院医療事故多発》スタッフから「ボイコット」後も手術

 2022年10月01日 
 赤穂市民病院で2020年1月にあった脳神経外科手術で医療過誤を起こしたとして患者と家族から損害賠償請求を訴えられている被告医師が、医療過誤が起きる以前に一部の医療スタッフから手術への協力を拒否されていたことがわかった。

 同病院は、赤穂民報の取材に「そのような事実は承知していない」と回答したが、事情を知る病院関係者は当時の実態を詳しく証言した。

 証言によると、臨床工学部のリーダーがカテーテル手術を担当する臨床工学技士らの総意として、被告医師が行う手術への参加を辞退する旨を脳神経外科長に文書で申し入れた。時期は「2019年12月から翌年1月ごろ」で、遅くとも医療過誤が発生した2020年1月22日までには申し入れがあったという。

 その後は上級医の監督下でない限り、被告医師のカテーテル手術に臨床工学技士が協力することはなく、被告医師が当直する夜間に緊急手術が必要となった場合は、上級医が到着するまで手術に着手しないとの合意がなされていたという。協力拒否の理由について関係者は「(被告医師のカテーテル操作が)乱暴で稚拙で、患者にとって危険だったため」と証言した。

 被告医師は2019年7月に赤穂市民病院に着任。病院の発表では、同年9月から翌年2月までに脳神経外科の手術で発生した医療事故8件すべてに関わったとされる。臨床工学技士らによる辞退の申し入れがあったとされる20年1月以降も手術を続け、患者の腰の神経をドリルで誤って切断した医療過誤を含む3件の医療事故が発生。同年2月27日にはカテーテルによる血栓回収の緊急手術中の患者が昏睡状態に陥り、そのまま5日後に死亡した。

 被告医師は、その2日後の3月1日に藤井隆院長(当時)から手術禁止を言い渡され、その後も執刀を解禁されることなく退職した。

 医療過誤症例の患者家族は、事故から7か月が経過した2020年8月ごろ、病院関係者からボイコットの件を知らされたといい、「この件をお聞きした際、強い衝撃を受けたことを今でも鮮明に覚えています。遅くともボイコットがあった時点で手術禁止にしてくださっていたら、母の医療事故は起きなかったのではないかと思います。そう考えると本当にやるせない気持ちになります」と語った。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年10月1日号(2478号) 1面 (10,186,580byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

この記事のどこをどう読めば個人攻撃と感じるのかわかりません。攻撃されているのは赤穂市民の方ではないかと思えてくるほど、病院の酷さに言葉を失ってしまいます。この医師の件は病院にも説明義務を果たしていただきたいです。その医師が退職したからもう終わりとか思わずになぜこんなことが起きたのか、本当に事実ではないのか赤穂市民に対して説明してほしいです。

31  23

投稿:赤穂市民 2022年10月04日

≫赤穂民報はなぜそこまで執拗に個人攻撃をするのですか?

 一部の医療スタッフが特定の医師が行う手術への参加をボイコットするという異例の事態が起きていたこと、そして、にもかかわらず、当該医師の手術は続き、医療事故が発生したこと。こうした過程に赤穂市民病院の医療安全管理上の問題があったのではないかと考えて記事にしました。

 この件に関わった人たちに、それぞれ何らかの責任があるとは思いますが、「個人攻撃」はしていません。

30  25

投稿:赤穂民報 2022年10月04日

赤穂民報はなぜそこまで執拗に個人攻撃をするのですか?

26  30

投稿:市民 2022年10月04日

≫民報さんに質問です。「そのような事実は承知していない」とは、「事実ではない」ということでしょうか?それとも「わからない」ということでしょうか?意味がよくわかりませんでした。

 本紙も、回答の意味があいまいに感じましたので、病院に質問しましたが、「病院としての回答は文書で回答した内容がすべて」(医療課)とのことでした。

 また、「少なくとも臨床工学部と脳神経外科には確認した上での回答か」とも尋ねましたが、「公式には文書で回答した内容しか答えられない」とのことでしたので、記事は公式回答に基づいてまとめました。

 現時点(10月3日午前10時時点)で、赤穂市民病院から記事の訂正要求や抗議などはありません。

13  12

投稿:赤穂民報 2022年10月03日

民報さんに質問です。「そのような事実は承知していない」とは、「事実ではない」ということでしょうか?それとも「わからない」ということでしょうか?意味がよくわかりませんでした。

もし、「事実ではない」ということなら病院は民報さんに訂正を求めるべきだと思います。「わからない」ということは普通に考えてあり得ないと思うので。もし、事実でないなら医療事故の被害者は病院関係者から嘘を聞かされたことになるのではないでしょうか。裁判する理由にもなったとも書かれているので裁判でも明らかにしてほしいと思うのですが。

7  11

投稿:K 2022年10月03日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。
今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)
  • 関福大リレーコラム・心のふるさと、播州赤穂←懐かしい!(11/21)
  • けが猫救護した人に通りがかりの女性が2000円を渡した理由←尾のM(11/06)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合