忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. かしこい子育て
  3. 記事詳細

関福大リレーコラム・偉人に学ぶ「生き方」

 2022年09月03日 
 論語に「教有りて類無し」という言葉があります。「人間は教育によって違いが生じるのであり、生まれつきの差などの違いはない」。つまり教育により、人はすごく成長し他とは違った唯一の人間になっていくのだと。「三つ子の魂百まで」と言われるように幼い頃に身に付けたものは決して失われないのです。


 近年は、AIにより瞬時に情報を得ることができます。しかし、これだけでは、人として本質的なものは身に付きません。「人として何が大切か」を教えられるものの一つが偉人伝です。

 偉人伝は、人物から生き様を学べます。現代は昔とは状況が全く違うので偉人の成功体験などは、現代の社会背景とかけ離れていますが、読み方を少し変えることで、偉人の教えやいましめなどを読み取ることができ、思考力や国語力が高まります。

 私たちは毎日のように思考力を働かせ生活で工夫をするスキルを育んでいます。「なぜ、そうなのか? この人はこう考えていたのか?」など、このような中で思考力が鍛えられるのです。

 そして、高い思考力と国語力は、知力の基礎となり学力を高めます。先日、明治から終戦までの児童用教科書『修身(しゅうしん)』を読む機会がありました。今でいう特別の教科道徳です。その特徴は、人物を中心に物語風に書かれています。様々な苦労を乗り越え努力を積み重ねて、成功してきた様子が紹介され、子供には「生き方モデル」となります。

 地元赤穂での偉人では山鹿素行が有名です。赤穂藩は、素行を重用し藩士の教育を行いました。人としての心構えの大切さを教え育て、藩士の武士道精神の礎を築きました。この教えが「忠臣蔵」の義士誕生へつながったのでしょう。赤穂では素行を顕彰し、子供向けにも本が出版され身近に感じます。

 偉人を通して地域の歴史や文化が学べ、思考力や国語力はもちろんのこと郷土愛や誇りなどが育ち、さらには将来社会で活躍し地域に貢献できる有益な人材となることが期待できます。偉人から新たな発見があるかもしれませんね。(尼子尚公・教職センター教授)
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年9月3日号(2475号) 3面 (10,436,044byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←Z世代(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←血税(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←主体性なきや(09/25)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合