忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

十州塩田の作業唄一堂 赤穂からも出演

 2022年09月02日 
 かつて瀬戸内各地の塩田で唄われた作業唄の伝承団体を一堂に集めた公演「十州 入浜塩田 作業唄・構築史」が高松市でこのほどあり、「赤穂濱鋤き唄保存会」(萬代新一郎会長)から12人が出演。市指定無形民俗文化財の「赤穂濱鋤き唄」などを披露した。

「赤穂濱鋤き唄」も披露された公演「十州 入浜塩田 作業唄・構築史」=実行委員会提供


 瀬戸内海沿岸部では近世以降、塩づくりの技法が広まり、播磨や備前、讃岐、伊予など10か国を指して「十州塩田」と呼ばれた。各地それぞれに作業唄があり、中には歌詞が類似するものもあることから、製塩技術の広まりとともに伝播したとみられる。

 工業化に伴う塩田廃止後、急速に作業唄が消えつつある中、2006年に高松市で「作業唄の会」が発足。各地の伝承団体と連携して唄の掘り起こしに取り組んだ。当初は一昨年に公演を開催する予定だったがコロナ禍で延期し、満を持して実現にこぎ着けた。

 公演では十数団体が計33曲を発表。すべての曲を収録したDVDを後日、各地の資料館や図書館などに寄贈するという。実行委員も務めた萬代会長は「各地に伝わる作業唄の多様性を知ることができ、大変意義ある公演だった。これを機に、今後も何らかの形で地域間の交流を続けていきたい」と連携の継続に意欲を見せた。
<前の記事


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)
  • 関福大リレーコラム・心のふるさと、播州赤穂←懐かしい!(11/21)
  • けが猫救護した人に通りがかりの女性が2000円を渡した理由←尾のM(11/06)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合