忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

現道改良見込む高取峠を視察

 2022年08月30日 
 交通事故防止対策としてカーブを緩やかにする道路改良整備が計画されている国道250号の高取峠を赤穂市議会の幹線道路・河川整備特別委員会(瓢敏雄委員長)がこのほど現地視察した。

カーブを緩やかにするための現道改良整備が予定されている高取峠を視察した赤穂市議会の幹線道路・河川整備特別委員会


 高取峠については、赤穂市は相生市と合同でトンネル化を県に要望しているが、県が計画的・重点的に整備する事業を示す「社会基盤整備プログラム」には「周辺環境の変化や、周辺の地域づくりの進展状況など社会経済情勢の動向を見極め事業化を検討する」との記載にとどまっている。

 そこで県は、同峠で発生する交通事故を防止する当面の対策として、現道を拡幅してカーブの角度をなるべく緩和する道路改良を提案。市は「まずは現道の交通安全対策を行い、その上でトンネル化を求めていく」(牟礼正稔市長)と応じ、県は今年度予算に拡幅に必要な用地補償費を計上した。順調なら来年度にも着工する見通しだ。

 現地視察には瓢委員長をはじめ委員8人と正副議長が参加。所管課の説明を受け、具体的な施工箇所を確認するなどした。

 その他の幹線道路・河川の今年度整備予定としては、赤穂佐伯線は「南工区の予備設計と測量」、高雄有年線は「南工区(周世坂から南)の用地買収、北工区は先行事業の進捗を踏まえ着手予定」となっている。国交省が直轄する国道2号相生有年道路は相生市若狭野地区で道路拡幅工事、有年原地区でJRアンダーパス工事をそれぞれ行う。

 また、2012年度に河川改修整備が再開して進んでいる加里屋川では有楽橋と加里屋橋の間で護岸改修を実施。千種川では河口付近の右岸で地震・高潮対策として特殊堤の設置を進める。土砂災害警戒区域となっている木津の大鹿谷川では砂防事業の工事に着手する。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年9月3日号(2475号) 3面 (10,436,044byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←姫路人(11/24)
  • 関福大リレーコラム・心のふるさと、播州赤穂←懐かしい!(11/21)
  • けが猫救護した人に通りがかりの女性が2000円を渡した理由←尾のM(11/06)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合