忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 文化・歴史
  3. 記事詳細

JR有年駅に埴輪の絵画 故堂本隆也さん遺作

 2022年08月13日 
 有年横尾のJR有年駅構内にある展示ケースに埴輪の絵がかかっている。作者は同駅の近くに暮らし、絵画が趣味だった故堂本隆也さんだ。

故堂本隆也さんの遺作をJR有年駅に展示した妻のたみ子さんと長男の理人さん


 妻のたみ子さんによると、隆也さんは姫路市内の機械設計会社役員を定年退職した後、趣味としてアクリル画を描き始めた。風景も描いたが、若いころから考古学に関心を持ち、古墳めぐりも楽しんだ隆也さんが最も多くモチーフとしたのが埴輪だった。

 隆也さんは2019年の赤穂市美術展で初出品で文化協会賞を受賞したが、コンクールに応募したのはそれが最初で最後。他に作品を展示する機会のないまま、今年4月に86歳で亡くなった。家族で遺作を整理する中、「古墳めぐりに訪れる観光客も多い有年駅に埴輪の絵を掛けさせてもらったら」と考えたという。

 市美術展の彫塑工芸の部で市長賞を3度受賞している長男の理人(まさと)さん(58)=北野中=がつくった備前焼も並べた。生前に父子の作品を一緒に展示する機会はなかったといい、「きっと主人も喜んでくれていると思います」とたみ子さん。1か月ごとに作品を入れ替えながら今年11月末ごろまで展示する予定だ。

在りし日の堂本隆也さん



<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年8月13日号(2473号) 2面 (5,877,624byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←Z世代(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←血税(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←主体性なきや(09/25)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合