忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 社会
  3. 記事詳細

17年前に来穂した安倍晋三さん

 2022年07月12日 
 67歳で凶弾に倒れた安倍晋三元首相。今から17年前の2005年に赤穂を訪れたことがある。

両手を挙げて聴衆に応える安倍晋三氏


 第44回衆院選の公示を2日後に控えた8月28日。当時50歳だった安倍氏は同党から出馬する河本三郎氏の街頭演説に応援のため駆け付けた。

 安倍氏は、この約2か月後に発足した第3次小泉純一郎内閣で官房長官として初入閣。翌年9月に小泉氏の任期満了に伴う党総裁選に勝利し、戦後最年少の総理大臣に就任するのだが、このときは党幹事長代理の立場。それでも約1年前まで幹事長を務めた安倍氏の知名度と人気は非常に高く、会場となった加里屋の「いきつぎ広場」には人だかりができた。 

大勢集まった聴衆に応える安倍晋三氏


 クリーム色のYシャツにノーネクタイで聴衆に向けて左手を挙げながら登場。スピーチを終えて車に乗ってからも窓から身を乗り出して手を振りながら去っていった。

 このとき応援弁士として会場にいた長岡壮壽県議(61)は「直接話す機会はなかったが、とても気さくな方だと感じた」と印象を振り返り、「日本の新しい社会を切り開いた政治家だった」と功績を称えた。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年7月16日号(2470号) 3面 (10,721,393byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)
[ 社会 ]


コメント

民報さん、貴重な写真をありがとうございます。17年前の記憶が甦りました。安倍先生も、こうして取り上げてもらい、きっと喜んでおられる事と思います。

11  4

投稿:フロンティア 2022年07月14日

記事の写真見ると、後ろにもSPの方が居る
何故警護出来なかったのか悔やまれる

10  5

投稿:今は昔 2022年07月13日

日本は偉大な政治家を失いました。
謹んでお悔やみ申し上げます。合掌

27  8

投稿:美しい日本 2022年07月12日

懐かしいですね。あの時を思い出します。
あの時はまさか歴代最長の総理大臣になる人だとは
思わなかったです。
お疲れ様でした。
心よりご冥福をお祈りいたします。

26  4

投稿:赤穂市民 2022年07月12日

コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←Z世代(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←血税(09/26)
  • 国葬「赤穂市として弔意示す予定ない」←主体性なきや(09/25)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合