忠臣蔵のふるさと・播州赤穂の地域紙「赤穂民報」のニュースサイト
文字の大きさ

赤穂民報


  1. トップページ
  2. 商業・経済
  3. 記事詳細

観光庁「看板商品創出事業」に2件採択

 2022年07月05日 
 地域経済を支える観光の本格的な復興の実現に向けて観光庁が公募した「地域独自の観光資源を活用した地域の稼げる看板商品の創出事業」に、観光地域づくり法人(DMO)「あこう魅力発信基地」が応募した2事業がこのほど採択された。

瀬戸内海カヤックガイドツーリングのイメージ=あこう魅力発信基地提供


 採択されたのは(1)「Sel de la vie(人生の塩)」赤穂で人生にちょっとしたスパイスを ひとつまみの塩がつなぐ看板商品造成事業(2)赤穂の里うみ、里山満喫ガイドツアー造成事業の2件。

 1件目は地元産農作物の収穫と塩づくり体験を絡めた日帰りコンテンツや宿泊ツアーなどを企画するもの。体験を通して日本遺産のストーリーに触れてもらい、地域の生産者との交流を通して地域の産品購入へとつなげる。

 2件目は、坂越地区を拠点に瀬戸内海のカヤックツーリング、北前船寄港地や山城を巡るガイド付きツアーを造成するもの。牡蠣、製塩など地域の事業者とも連携し、「ここにしかない体験」の商品化を目指す。

 いずれも今夏から秋にかけてモニターツアーを実施し、参加者アンケートの意見を踏まえて今年度中に商品化。コンテンツの造成から販路開拓まで事業費合計約1510万円の約8割に相当する1255万円を国からの補助でまかなう。
<前の記事


掲載紙面(PDF):
2022年7月9日号(2469号) 1面 (4,834,754byte)
 (PDFファイルを閲覧するにはこちらからAdobe Readerを入手してください。)


コメントを書く

お名前 (必須。ペンネーム可):

メールアドレス (任意入力 表示されません):

内容 (必須入力):

※コメントは投稿内容を赤穂民報社において確認の上、表示します。
投稿ルールを遵守できる方のみご投稿ください。

1 2 3 4 5 6

今週のイベント・催し
23
(月)
 
24
(火)
25
(水)
26
(木)
27
(金)
 
28
(土)
 
29
(日)

最新のコメント

  • 「まるで光の国」赤穂小で一夜限りのライトアップ←N(11/28)
  • 丸山サンビーチ駐車場 11月から有料←坂越住み(11/27)
  • トライアル細野店 ピーク時の来店試算「271台」←なんかなー(11/26)

メール会員登録

赤穂民報のニュース(一部)をリアルタイムでお届けします。

e-mail(半角入力)

携帯でドメイン指定受信をされている方は「@QRmail.jp」を指定してください。

スマホサイトQRコード

スマホ用URLをメールでお知らせ!
e-mail(半角入力)


ドメイン指定受信をされている方は「@ako-minpo.jp」を指定してください。

閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合
閉じる
中村唯心堂 中道工務店 矢野防水工業 赤穂メモリアルホール 野中砂子土地区画整理組合 赤穂精華園 花岳寺 兵庫県警 浜市土地区画整理組合